候補者からされた「つまらない質問」ベスト5  第5位「残業時間はどのくらいですか?」

働き方改革による残業時間の抑制や、
フレックスタイム、在宅勤務などに見られる
勤務形態の多様化など、働くことへの意味を
社会全体で考え始めているのはいいことです。
しかし「残業はしたくない」なら
それなりの努力をすることが必要なわけで・・・

候補者からされた「鋭い質問」ベスト5  第1位「どうして私を面接に呼んでいただいたのでしょうか?」

真剣に面接に取り組んでくれない面接官に
あたってしまうほどつらいことはありません。
一見すればそんな風に見えなくても、この
質問をすることによって「不真面目面接官」
あぶり出し、貴重な時間を浪費することを
回避することができます。

究極の選択!? どちらを採用しよう? 第4回 「スキルは劣るがすぐ入社可能VSスキルは高いが入社まで数カ月」

採用担当者は内定者が入社するまでは安心できません。
当日になって入社してこないという悪夢だってあり得ます。
転職は内定者にとっても人生が掛かっているので、多少は
自分勝手な行動をすることも考慮しておくべきです。

究極の選択!? どちらを採用しよう? 第3回 「スキル高いが転職も多いVSスキル低いが転職初めて」

転職回数が多いことが前向きに評価されることは少ない。
本人にとっては必要に迫られてのことであっても、
なかなか他人から見て理解できることじゃない。
消せない過去、背負い続ける十字架。
そのことは面接官をたじろがせるには十分です。

1 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 65