採用ができない会社が言いがちなこと Vol.3「いい人がいれば採用したい」

採用ができない会社が言いがちなこと Vol.3「いい人がいれば採用したい」

「いい人」というだけでは、採用条件を何も決めておらず、直感で、好き嫌いでいきあたりばったりで採用しますと広く宣言しているようなものです。

採用ができない会社が言いがちなこと Vol.1「時間もお金もかけられない」

採用ができない会社が言いがちなこと Vol.1「時間もお金もかけられない」

今の時代、採用する側が時間もお金も使って「待ち」の状態にいる人にアプローチしていかなければ、採用することは極めて困難です。

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.11「オーディションをする」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.11「オーディションをする」

採用面接は、過去に注目してするのではなく、これから挙げる成果を具体的にプレゼンできるかどうかで判断するべきです。

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.10「フィードバックする」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.10「フィードバックする」

不採用になった理由を開示する必要はないが、開示しなければ求職者にとっては、応募したことで得るものは何もなくなります。

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.7「現場ファーストである」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.7「現場ファーストである」

働く人すべてにとって「自分の隣にだれが座るのか」つまり、誰と一緒に働くことになるのかは
重要な関心ごとであり、大きな利害。

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.6「採用担当者が数字を持たない」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.6「採用担当者が数字を持たない」

採用担当者が「採用数」という数字にプレッシャーをかけられ、本来なら採用するレベルではない人を採用したら。
そのことを見抜き、早々に見切りをつけ、真っ先に辞めていくのは優秀な人材だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 100