Category -  人在

究極の選択!? どちらを採用しよう? 第4回 「スキルは劣るがすぐ入社可能VSスキルは高いが入社まで数カ月」

採用担当者は内定者が入社するまでは安心できません。
当日になって入社してこないという悪夢だってあり得ます。
転職は内定者にとっても人生が掛かっているので、多少は
自分勝手な行動をすることも考慮しておくべきです。

究極の選択!? どちらを採用しよう? 第3回 「スキル高いが転職も多いVSスキル低いが転職初めて」

転職回数が多いことが前向きに評価されることは少ない。
本人にとっては必要に迫られてのことであっても、
なかなか他人から見て理解できることじゃない。
消せない過去、背負い続ける十字架。
そのことは面接官をたじろがせるには十分です。

究極の選択!? どちらを採用しよう? 第2回 「大企業出身のスペシャリストVS中小企業出身のゼネラリスト」

中小企業にとって大企業出身者の経験は得難いものがあります。
スペシャリストとしてのスキルも高いものがある場合が多く、
即戦力として期待されます。
しかし、大企業と中小企業では職場環境がかなり違うため、
うまくいかないことが多いです。
思ったほど活躍しない「がっかり採用」になりがちです。

実例!採用面接で「した質問」「された質問」 第8回 「ウマが合わない人にどう対処しますか?」

どんな組織にいても「コミュニケーション能力」は求められます。
この能力が欠如した人を雇いたいと考える企業はありません。
しかし、そこは人間同士。
どうしても相性が良くない人が出てくるのも仕方のないこと。
そこをどう調整するかどうかが、真価を問われるところです。