人生100年時代 会社からの「卒業」VOL.3「生き方のセンス」


人生100年時代と言われて久しい。

 

長くなった人生、今までとは

働くことそのものの意味が

大きく変わりつつあります。

 

1つの会社で3年と働くことがなく、

最終的に組織に見切りをつけた

著者が提言する

 

「人生100年時代 会社からの卒業」

 

第3回は

「生き方のセンス」

です。

 

ボーっと生きてんじゃねえよ!

 

NHKの人気番組

「チコちゃんに叱られる!」

http://www4.nhk.or.jp/chikochan/

の決め台詞

 

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」

 

これを聴くたびに、ハッとします。

 

 

「チコちゃんに叱られる!」

は、5歳の女の子が抱く素朴な疑問、

普段は深く考えることもない、

あまりにも身近にあって当たり前

と思っていることの由来、起源、

理由を教えてくれる教養バラエティ

番組です。

 

素朴な疑問とは、例えば

 

「サッカーはなぜ手を使わない?」

「ラーメンの『メン』の意味は?」

「高齢者はなぜ『シルバー』という?」

 

などの答えを教えてくれます。

 

バラエティ番組ですから、ただ楽しんで

見ていればいいのでしょうが、私には

この台詞

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」

には、現代を生きる我々に対する

深遠なメッセージが込められている

ように思います。

 

何も考えずに毎日のうのうと生きて

いたら、必ずどこかでいきづまる。

 

人生100年時代という長い時間を

生きるのであれば、なおさらです。

 

生き方にもセンスが求められる

時代になっている。

 

考えたことない~

 

この番組で、素朴な疑問を

ぶつけられた大人が

 

「そんなの考えたことないから

わからない」

 

という言い訳をよくするのですが、

これも気になりますね。

 

じゃあ、考えたらわかるんですか?

と言いたくなります。

 

「知らない」「わからない」という

単純なことを、大人になればなるほど

言えなくなってしまうということ

なのでしょう。

 

人生100年時代は、生き方を柔軟に、

そして何度も変えていくことが

必要になる時代です。

 

職業や住む場所を変えることはもちろん、

生き方を根本から変えるような新しい

機械やシステムが生まれてくる。

それにキャッチアップし続ける必要が、

今の何倍ものスピードで必要になる。

 

そこで、自分の無知を、勉強不足を

素直に認め、たとえ年下の人や子供に

対してでも教えを請うことができ

なければ、どんどんおいていかれて

しまうでしょう。

 

誰に対しても、どんなことにでも

謙虚に教えを請う。

これが人生100年時代を生きる

のに必要なセンスです