面接で使える「深く考えて」答える質問 Vol.7「あなたの『トリセツ』最初の項目は?」


採用面接では、候補者が事前に

「模範回答」を用意することが

できない質問をどれだけできるか

が成否を左右します。

 

この連載では、候補者が深く

考えていないと答えられない

質問例を挙げていき、実際に

面接で使うための方法、注意点を

お伝えします。

 

第七回は

「あなたの『トリセツ』最初の項目は?

です。

 

【この質問の意図】

候補者が一番大切にしている

「価値観」を確かめるための

質問です。

 

これだけは譲れない一線を

人間は持っているものであり、

それが否定されるような場所で

働くことは不可能です。

 

職場の文化と本人の価値観が

合うかどうかを確かめることを

目的にしています。

 

【回答のどこを見るか】

この質問によって候補者が挙げた

「自分に対する評価」はおそらく

真実ではありません。

面接という場で波風立てない

ための、ある意味では

「どうでもいい」ことである

可能性が高いです。

 

それよりも、面接官である

あなたが、面接をしていく中で

感じた、候補者のパーソナリティ

のほうを重視してください。

 

人間は多面性があり、自分の

自分に対する評価と、他人からの

評価とはズレがあるものです。

なので、仕方のない部分はあります。

 

人間には自分には甘いものですから、

バイアスがかかっています。

回答内容は参考程度に考えて

おきましょう。

 

【効果】

もし候補者の自己評価とあなたが

感じたことが一致していないと

したら、候補者が面接に通るために

ウソをついているか、もしくは

候補者がまだ心を開いていない

証拠だと考えられます。

 

最終面接がまだ残っている場合は、

次の機会に候補者の本心を確かめる

ための準備をしましょう。

 

もしそれが最終面接だったとしたら、

もう一度、面接の機会を設ける

べきでしょう。

 

候補者本人が自覚している

「自分の性格を」一言で表現して

もらうことを要求しているので、

不正確なものになっている可能性は

あります。人間は複雑なものですから。

 

しかし、本人が一番大切にしている

価値観と、あなたの会社の文化が

一致していないとしたら・・・

待っているのは、早期退職という

不幸な結果でしょう。

 

「こんなはずじゃなかった」

入社してからのこの後悔は、

双方にとって高くつきます。

 

それに比べたら、面接回数が一回

増える程度のことは、なんでも

ありません。