採用面接の「七不思議」第5回 「なぜ面接中に抗議しない?」

対等

この連載では、採用面接でよく起こる

不思議な現象を「七不思議」と名づけ、

検証していきます。

 

第5回は

「なぜ面接中に抗議しない?

です。

 

面接官をしていて実に多くの

経験をしてきましたが、一度も

経験がないことがあります。

 

それは、

「面接中に直接、候補者から

抗議・クレームを言われること」

です。

 

「今の質問はおかしい!」

「なんだその態度は!」

などのような抗議を受ける面接を

すること自体が問題であり、そんな

ことにならないようにすべきである

という問題は別の機会に譲るとして。

 

問題は、100%の確率で、

候補者からのクレームは

面接が終わった後に来る

ということ。

 

候補者と面接官は対等

 

面接の最中に怒りや不満を

感じていたのなら、その場で

言って欲しかったと思います。

あとから言ってくるのはフェア

じゃない。

 

その抗議が正当なものであり、

面接官に落ち度があるならば、

ひとかどの面接官なら

素直に認めます。

 

そのことをもって候補者が不利になり、

不合格になることはありません。

 

明らかに自分が悪いのに

「抗議してくるなんて生意気だ!」

みたいに考えて、評価に手を加える

面接官は失格です。

 

そんな面接官に気に入られてまで

入社したいと思いますか?

 

採用面接では面接官と候補者は

対等であるというのが前提です。

 

お互い言いたいことを素直に

言いあうことこそが、お互いが

納得する採用につながるために

欠かせないことです。