採用面接の「七不思議」第7回 「急に音信不通になる候補者」

世界は広い

この連載では、採用面接でよく起こる

不思議な現象を「七不思議」と名づけ、

検証していきます。

 

第7回は

「急に音信不通になる候補者

です。

 

ある時点からまったく連絡が

取れなくなってそれっきり、

という態度を取る候補者が

一定数います。

 

採用担当をしていて腹が立つことの

1つなのですが、同時に、そんな対応

しかできない人たちを「可哀そう」

とも思います。

 

想像力が足りない

 

音信不通になる理由は様々でしょう。

 

もう他社に転職が決まったから。

面接を受けてみて興味がなくなったから。

単に面倒くさくなったから、などなど。

 

一つ大きなことを忘れています。それは

「この先、候補者と私がまた

どこかで会う可能性もあること」

です。

 

取引先としてかもしれないし、

担当者と顧客としてかもしれない。

またもや面接官と候補者という可能性も

ゼロではない。

 

そうなった時、候補者はかつて一方的に

連絡を絶ったことを後悔することになる。

 

この先の社会人人生を考えた時に、

たとえ入社しなかった企業に対してで

あっても、誠実な対応をしなかった

ことはいずれ候補者自身に返っていく。

 

もう一つ重要なことは、そんな不誠実な

対応をする候補者を採用することに

ならなくてよかったと、面接官は心から

胸をなでおろしている

ということです。

 

本人にとっていいことは何もないのに、

なぜ一方的に連絡を絶つのか、理解に

苦しみますね。