これがヘタくそな面接「ヘタ面」だ! Vol.4「お金の話をしない」

くじ引き

この連載は

「ヘタくそ」な面接事例と

その理由をカンタンに述べます。

 

第4回

「お金の話をしない

 

ところでいくらもらえるの?

 

最終的に候補者が入社するか

どうかを判断するには

「年収がいくらなのか」

を避けて通れません。

 

しかし、面接の段階で

「お金の話」をすることが

案外少ないのはなぜ?

なのでしょうか。

 

私が「面接される側」の時にも

せいぜいのところが

「希望の年収はいくらですか?」

と質問されるくらいのもの。

 

それに対して具体的な金額を

答える人は「採用する側」の

経験からいうとあまりいません。

 

お金の話は「なんとなく」話には

出ても「なんとなく」流されて

面接は進んでいく。

 

私なら具体的な金額を答えますし、

「最低これだけないと入社できない

のですが」とも付け加えます。

 

その金額は無理だという回答で

あったため、私のほうから面接を

切り上げ席を立ったこともあります。

 

もっと突っ込んで、ぶっちゃけ

「これ以下だったら入社しない」

というラインの金額はいくらか

を、できるだけ早く確かめることが

必要なのではないでしょうか?

 

面接が早く終わって何が悪い?

 

早い段階で候補者が求める

金額を支払えないことが

わかったら、その場で面接を

終了してなにか問題がある

でしょうか?

 

選考が進んで内定通知をした

時に判明することと、どこが

違うというのでしょう?

 

むしろ、早くわかってよかった

というべきです。お互いに

時間が無駄にならずに済んだ

のですから。