これがヘタくそな面接「ヘタ面」だ! Vol.17「数字にとらわれている」


この連載は

「ヘタくそ」な面接事例と

その理由をカンタンに述べます。

 

第17回

「数字にとらわれている」

 

いくらでも操作できる

 

業務経験が何年あるか。

営業目標の達成度は何%か。

部下は何人いたか。

 

これらの「数字」に関することを

面接で質問するのは、効果的とは

言えません。

 

客観的な証拠もなく、主観的な

解釈やごまかしで、なんとでも

操作できるからです。

加えて、自分に都合の悪い数字は

履歴書に書かれないことも多い。

 

例えば営業数字。

達成度が150%であったとしても、

もともとの目標設定が低かっただけ

かもしれませんし、たまたま担当

していた地域が良かっただけかも

しれません。

 

 

数字がいいからといって

鵜呑みにするのは極めて

危険です。

 

「他との比較」「取った行動」

「達成できた要因」など、候補者本人の

資質をきちんと確認することを忘れない

ことが何より重要です。