これがヘタくそな面接「ヘタ面」だ! Vol.15「『代わり』を探している」

欠員補充 交代

この連載は

「ヘタくそ」な面接事例と

その理由をカンタンに述べます。

 

第15回

「『代わり』を探している」

 

新規採用には二種類ある

 

新規採用をする場合、大きくは

「増員」と「欠員補充」の二つ

があります。

 

特に「欠員補充」の場合には、

辞めた人の「代わり」を探して

しまうという傾向が強い。

 

組織はそのままに、辞めた人の

「穴」を埋めるスキル・経験を

持っているかどうかを唯一の

採用基準にしてしまう。

 

当然、採用面接でする質問も

「〇〇のスキルは持っていますか?」

「▲▲の経験は何年ありますか?」

という、まるで結婚相手の年収や

会社の知名度を真っ先に確認しよう

とする婚活中の人みたいになる。

 

いくら年収が高く、勤めているのが

有名企業でも、家や子供のこと、

家事分担や金銭感覚が合わない

相手とはうまくいかないでしょう。

 

辞めた人の代わりを探さない

 

つまり、ものの考え方や行動原理と

いった人物面のことには興味がなく、

求める条件に合わない、だだ

それだけで不合格にしてしまう。

 

自分の隣に座る人が「どんな人か」

かは問題ではなく

「どんなことができる人なのか」

しか見ていない。

 

辞めた人の代わりを務める人

ではなく、組織をより良く

するために必要な人材を

採用するという視点が必要です。

 

その視点を欠いたままする

採用面接は下手くそな

「ヘタ面」です。