採用とセールスの共通ポイントとは

営業マン

採用活動と営業活動は似ています。

学校を卒業して入った会社で営業を
担当していましたから、
両者の共通点はよくわかります。

ただし、営業活動が
「買う気がない人に商品を
買わせること」と考えてしまうと、
全く違ってきます。

営業活動を
「当社の商品を購入することで、
どんなベネフィットを得ることが
できるのかを、相手の立場や状況を
考慮したうえでわかりやすく伝えること」

とするなら、採用活動と全く同じです。

セールスと採用活動の共通点

入社したいと考えている人に、
当社のいい面も悪い面も両方を伝えて、
入社することによって候補者が得られる
ベネフィットをきちっと提示するのが
採用担当として一番重要な仕事です。

入社する気がない人を無理に選考に
引っ張ってきたり、内定を出して報酬等の
条件を釣り上げて強引に入社を承諾させる
ことは、普通はありません。

そんなことをするから、内定を出しても
辞退率が非常に高く、入社したとしても
定着率が悪かったりするのだと思います。

採用も営業も強引にすれば、一時的には
数字が稼げても返品や内定辞退、早期退職が
頻繁に起こる結果を招きます。

結果的には、想定以上の時間とコストを
会社に負担させることになります。

急がば回れ。情けは人のためならず。

採用活動も営業活動も、種まきの時期は
数字が上がらず我慢が必要な時です。
周囲からのプレッシャーが強くなる
こともあるでしょう。

それでも耐える覚悟があるかどうかが、
優秀な採用担当であり、営業担当です。