採用現場に不可欠な「〇〇だんご」

仲間

最近読んだ本で印象に残った

ことがあります。

 

「運命をひらく

生き方上手 松下幸之助の教え」

本田健 著

 

世界のパナソニックを一代で築きあげた

松下幸之助。この偉業を達成できた

理由の一つに、松下幸之助が

「人間関係の達人」

であったことが挙げられています。

 

そして、人間関係の達人である

ことの一つの条件として

 

「微妙に動く

人情の機微を知り、

これに即した行動を

心がけること」

 

という教えがあります。

 

この「人情の機微」は採用の現場で

無視されることが多く、

採用する側でも採用される側でも

多く経験してきました。

 

どんなことか例を挙げると・・・

 

採用される側では・・・

「面接後の採否連絡が一切ない」

「面接官がろくに応募書類も読まず

 面接にきている」

「名前を間違えられる」

 

採用する側では・・・

「急に音信不通になる」

「事業内容も知らずに面接に来る」

「寝ぐせ、ネクタイ、スーツも

 まともに着れていない」

 

採用現場では99%の候補者は

不採用になります。

採用しなかった人とは、以後の

接触はほとんどなくなります。

 

しかし・・・

「袖すりあうも他生の縁」。

 

たとえ採用面接という、その一回だけの

接触で終わるかもしれない場であっても、

「人間と人間の関係として大事にする」

という発想ができず、心のこもった

対応ができない人があまりに多い

ように感じます。

 

桃太郎が腰に付けていた

きびだんごは

「機微だんご」だったと思います。

 

イヌ、サル、キジともに、人情の

機微の微妙な動きを理解しあえる

関係だったからこそ、そんな仲間

だったからこそ、鬼退治が可能に

なったのではないでしょうか。

 

人情の機微と言ってもなかなか

理解はされないものかもしれません。

 

それでも私は人情の機微という

「きび(機微)だんご」

を候補者に渡そうと努力します。

それが、採用現場のプロとして

当然のことだからです。