『幸福な人材採用』になるための秘訣 VOL.6「最高の人材を常に求める」


この連載では、

ここに注意すれば

採用する側される側の双方が

「幸福になれる方法」

を書いていきます。

 

第6回

「最高の人材を常に求める

 

求人を見ていると、最近は特に

「未経験可」「学歴不問」「職歴不問」

「転職回数不問」「履歴書不要」

など、求職者に歩み寄りすぎ

ワードを目にする機会が増えました。

 

これらのワードは、少しでも応募が

増えるように、あくまで応募者を

多く集めるために使っている方便

だとは思います。

 

どんな人を採用したいかという

採用基準を持たない企業はない。

求める人材がいないなら

採用しない、という方針を持って

いる企業も多い。

 

実際の選考過程に入れば、厳しい

選別がされるはずです。

 

しかし、入り口である求人で

このようにハードルを下げて

しまっては、「求人の価値」

まで下げてしまいます。

 

価値ある求人に価値ある人が集まる

 

どんな一流のブランド品でも、

偽物ばかり出回っていることで

有名な地下マーケットに出品

されれば、たとえ本物でも

偽物扱いされて正当な評価を

得ることはできないでしょう。

 

どんな世界にも少数ではありますが、

目利きと言われる人がいます。

その人の目にとまれば「掘り出し物」

として、正当な評価を受けられる

こともあるかもしれない。

 

しかし、どこも人材不足で

求人がこれだけ溢れている中では、

あなたの会社の求人を見てもらう

ことすら難しい。

 

そんな状況で「目利き」の目に

とまることなど期待しないほうがいい。

 

最高の人材は、少なくとも

「未経験可」「学歴不問」

などのワードが飛び交う求人

には見向きもしない。

そもそも見ない。

 

求人はどこに出すか、

どんなふうに出すかに

よって価値が変わります。

 

一流の人物に出会いたければ、

一流の人物が集う場所に、

一流の服を着て、出向かなければ

ならない。

 

参加料も一流でしょう。

しかしそれだけの価値がある。

 

最高の人材を求めたければ、

一流の場所に、一流の身なりで

求人を出すことです。