ことわざで学ぶ採用面接 第11回「煮え湯を飲まされる」


煮え湯を飲まされる

 

【意味】

信用して気を許していた者に

裏切られて、酷い目に遭う。

 

採用活動において最も手痛いことは、

内定を出した候補者に土壇場で

内定辞退されることです。

 

営業担当者と同じように、採用担当者も

何人採用できるかという「数字」を

持って仕事をしていますから、

見込みがはずれることは大きな

ショックです。

 

営業担当と採用担当の違い

 

しかし、ここからが問題です。

営業担当なら、数字が上がっていない

責任を問われ、次からは同じことが

起こらないように原因を調べ、

改善策を講じるでしょう。

 

しかし、採用担当者はその意識が

希薄になりがちです。

 

内定辞退が出たとしても、

「候補者側の不義理」

「会社規模や知名度がないから」

などが重視され、採用担当個人の

責任と考えられることが少ない。

 

結果、「辞退になった原因」を調査せず、

改善策が講じられることもなく、

「運がなかったよね」で済まされる。

 

運がなかったで済まされるほど、採用活動は

水モノではありません。

 

内定辞退には必ずといっていいほど、

採用担当者個人の責任が多く影響

しているものです。

 

どの程度かはわかりません。

だからこそ、十分な調査が必要です。

 

内定辞退をしてき候補者には入念な

ヒアリングを行い、応募から内定辞退に

至るまでの担当者の対応を検証し、

データとして蓄積して今後に活用する。

 

たまたま縁がなかったとか、不運が重なったとかの

偶然の産物ではなく、科学的に検証できるのが

内定辞退であり、そこから学べることは多いのです。

 

内定辞退と言う煮え湯も、ゆっくり飲めば

長期的な効果が見込める漢方薬になります。