採用活動のIs that True(本当にそう)? 第9回「内定辞退は不可抗力」

内定辞退

採用活動に関わる全ての人が

なかば常識と思っていることに

「本当にそう?」「もしも?」と

問いかけ、考えてみるシリーズ。

 

第9回は

「内定辞退は不可抗力?」

です。

 

内定辞退は採用活動にとって痛恨です。

それまでの活動がすべて水の泡になったと

言っても過言ではありません。

 

しかし、内定辞退は採用担当に

とっては痛恨ですが、会社に

とっては大きな問題ではない

面があります。

 

採用できなかったことによって

確実に失ったものは時間とお金ですが、

「採用するリスク」は回避できたかも

しれない。

 

つまり、採用しなかったことによって、

その人物が会社に与えたかもしれない

損害、つまり、全く活躍しなかったり、

周囲に害を与えるような行動をされる

リスクは回避できた可能性もあります。

 

つまり、

「優秀な人を採用できなかった

ことによるリスク」

よりも

「凡庸な人を採用してしまう

ことのリスク」のほうが大きい、

ということです。

 

問題なのは、内定辞退が発生する

原因が、主に「候補者側の事情」に

求められがちであることです。

 

内定者がこちらの想いを受け止めず、

自分本位な理由で内定を辞退してきた

だけであり、こちらの対応に何も

問題はなかった。不可抗力だ。

 

そう考えてしまうのです。だから、

余程のことがない限り、採用担当者の

責任が問われることはない。

 

本当に不可抗力なのでしょうか?

 

そう考えてなにもしないうちは、

なにも変わらないでしょう。

 

なぜかわからないなら、

本人に聞いてみればいいのでは

ないでしょうか?

 

内定辞退するということはそう

簡単なことではない、ということは

内定者も理解しています。

 

内定した理由についてインタビュー

すれば、正直に答えてくれるはずです。

 

ここで得られる情報は、あなたの

会社が外からどう見えているかを知る

またとない機会です。

活用しない手はないと思いませんか?

 

そこで得た情報をもとに、採用活動だけでなく

会社全体のありかたにも改善の余地が

あることを認識できれば、あながち

内定辞退も悪いことではないですね。