実例!採用面接で「した質問」「された質問」 第1回 「最近どんな本を読みましたか?」

読書をしない人

この連載は、「採用する側」「採用される側」で

豊富な「ハイブリッド」経験を持つ私が、

いずれかの立場で「した」「された」質問に

ついて実例を挙げ、その質問意図と回答に

ついて解説していきます。

 

第1回は「した質問」で

「最近、どんな本を読みましたか?」

です。

 

質問意図:

勉強熱心な人かどうかを

知るための「つかみ」です。

 

続く質問:

「どんな内容でしたか?」

「なぜその本を選んだのですか?」

「その本から何を学びましたか?」

「あなたの仕事に活かせそうなことは?」

「他に読んだ本はありますか?」

「一カ月で何冊くらい本を読みますか?」

 

わたしならこう回答する:

その時にベストセラーである本は避ける。

それよりは、名作と言われる

ビジネス書を「最近読み返して

新たな発見があった」と具体的に語る

 

ビジネスで成功している人で

「読書家」でない人はいません。

一説によると、成功者の読書量は、

普通のサラリーマンの38倍

だそうです。

 

例えばビル・ゲイツ。

個人図書館を持っていて、一年のうちに

読書しかしない期間を設けて「山ごもり」

のようなことをしているのは有名な話。

 

読書をしない人が必ずしも勉強熱心で

ないとは言い切れませんが、一定量

読んでいる人は勉強熱心です。

 

勉強熱心な人は成長します。

これまでの実績はこれまでのこと。

これから伸びる人かどうかは

「勉強熱心」かどうかによります。

 

そのあたりを確かめるためにこの

質問をします。