実例!採用面接で「した質問」「された質問」 第6回 「最近学んだことは?」

仕事での学び

この連載は、「採用する側」「採用される側」で

豊富な「ハイブリッド」経験を持つ私が、

いずれかの立場で「した」「された」質問に

ついて実例を挙げ、その質問意図と回答に

ついて解説していきます。

 

第6回は「した質問」で

「最近学んだことは?」

です。

 

質問意図:

常に向上心をもって仕事を

していれば、毎日のように

学びがあるものです。

学べることが前を通りすぎても気づかない

「ただ何となく仕事をしている人」

でないことを確かめたい。

 

続く質問:

「どんな状況で学んだことですか?」

「なぜその話を選択したのですか?」

「仕事にどんな影響がありましたか?

「ほかにありますか

 

わたしならこう回答する:

人は置かれる場所にふさわしい

人間になっていくということです。

思い切って違う世界に飛び込むことが、

自分を変える最短の道だと思います。

 

仕事ができる人がそうでないかの違いは、

生まれ持った能力の違いによるもので

あることは、実はほとんどないです。

 

現状のままで本当に良いか?

何か変えるべきことはないか?

もっとうまくできないか?

 

など、常に「問いかけ」を持って

物事に取り組んでいるかどうかが

大きく関係しています。

 

この姿勢が、一見すればなんの

変哲もないことから「学び」を

得るためには欠かせない

 

現状になにも疑問を持たず、ただ

同じことを繰り返すだけの仕事を

してきた人には、この先の成長は

望めないでしょう。

 

それはもはや仕事ですらなく、

ただの「流れ作業」でしかない。

そんな仕事の仕方こそ、これから

人工知能やロボットによって

奪われていく「仕事」なのでは?