実例!採用面接で「した質問」「された質問」 第9回 「これがなければ退職しなかったのに、という要因は?」

決定的な退職理由

この連載は、「採用する側」「採用される側」で

豊富な「ハイブリッド」経験を持つ私が、

いずれかの立場で「した」「された」質問に

ついて実例を挙げ、その質問意図と回答に

ついて解説していきます。

 

第9回は「した質問」で

「これがなければ退職しなかったのに、

という要因は?」

です。

 

質問意図:

面接の初めのほうで退職理由を

質問してから、しばらく時間を置いて、

しかも質問の仕方を変えることで

本心を聞き出したい。

 

続く質問:

「それが最大の要因ですか?」

「その要因を取り除けない理由は?」

「取り除くために何をしましたか?」

「あなたの他にも同じことを言う

人はいましたか?それはどんな人ですか?」

「ほかに要因はありますか

 

わたしならこう回答する:

成長の機会があると希望を持てていれば。

自分一人の心の持ちようぐらいでは

どうにもならない状況で、この場所に

いる限り成長できないと思う場所には

もういられません。

 

退職を決意する理由は複数ある。

転職を4回している私の経験からも、

面接官として退職理由を候補者に

数限りなく質問してきた経験からも、

それは確かです。

 

しかし、その中で「決定打」となる

理由が存在することもまた確かです。

他のことは我慢できてもこれだけは

耐え難い、という根本理由が。

 

そしてそれこそが、

譲れない一線」

「生き方」

「人生観」

と言えるものです。

 

仕事は生きていくうえで重要なもの。

しかし、たかが仕事であることも事実。

 

独立して自分で事業をやっているなら

話は別ですが、そうでないなら、

自分の魂の尊厳、それこそ命を懸けて

までやることはなく、職場を変わって

再スタートを切ればよいと思います。

 

「身勝手だな~」としか思えない

退職理由を話す候補者が多いです。

 

しかし、根本的な価値観にそぐわない

仕事はしたくないという理由なら、

面接官も納得するのではないでしょうか。