『幸福な人材採用』になるための秘訣 VOL.1「面接で退職理由を訊かない」前編


この連載では、

ここに注意すれば

採用する側される側の双方が

「幸福になれる方法」

を書いていきます。

 

第1回

「面接で退職理由を訊かない」

前編

 

採用される側として300社以上の

面接を受けてきましたが・・・

 

ほとんどの会社の面接で

退職理由を訊かれます。

質問されなかったことは

ほとんどないです。

 

面接官の立場で1000人以上を

面接した経験でも、一緒に

面接官をしている人は

ほぼ100%の確率で

「退職理由」を質問します。

 

退職理由を質問する「理由」

 

ではなぜ、ほとんどの会社が

退職理由を質問するのでしょう?

 

何かトラブルを起こしていないか

確かめるため?

採用してもすぐ辞めるような人で

ないかを確認するため?

定番の質問だから?

 

私はある時から、「退職理由」を

質問するのはやめにしました。

 

なぜなら、有効ではないからです。

 

だれもがこの質問が来ることを

予想しています。

予想できるなら答えが用意できます。

それも模範解答を用意できます。

転職の支援をする会社が、理想的な

「模範解答」をアドバイスします。

 

用意されたものである上に、ほぼ

間違いなく本当の理由ではない。

そんな答えを聞いて、候補者に

ついて何かわかるでしょうか。

 

わかるのは「ウソつきだ」という

ことだけです。

 

後編に続く・・・