業績アップに直結する人材採用「4つの原則」 第一原則【分析する】 Vol.1「代替案を探す」後編


会社の未来のために「人材採用」が

最も重要だと考えるすべての方へ。

 

人材採用=「会社の未来」を採用すること

 

そう考えるだけでなく行動に移すために

必須の「4つの原則」について連載します。

 

第一原則【分析する】

Vol.1「代替案を探す」後編

 

前編では

「人材採用は最後の手段にすべき」で、

そのためには

「克服すべき課題を解決するためには

人材採用より他に道がない」

「代替案がないかどうかすべて検討した」

 

ことが必要だと書きました。

 

後編では、人材採用にとって代わる

「代替案がないか」を探すための

5つの質問を提案します。

 

①もし採用しなかったら何が起こるか?

今よりも状況が悪化するのなら、手を

打たなければなりません。

取り返しのつかない事態になることが

予想されるなら、なおさらです。

 

しかし、人材採用も失敗すれば

取り返しのつかない事態になるという

点では同じです。

 

どちらのリスクのほうを取りますか?

 

②人事異動で対応できないか?

社員には得意分野があるものです。

これから募集しようとしている職種の

仕事を「やりたい」と手を挙げている社員は

いませんか?

あなたの知らない、社員の強みや

スキルを活かすことはできないでしょうか?

 

③アウトソーシングできないか?

社内で抱えている業務を外部の専門業者の

手に渡すことはできないでしょうか?

専門業者でなくても、個人やフリーランサー、

クラウドワーカーに発注できる業務はない

でしょうか?

 

④担当業務見直しの機会ではないか?

現在いる社員が担当している業務を見直し、

「前例に従って続けているだけの業務」

「すでに必要がなくなっている業務」

「誰も活用していない業務」など

廃棄できる業務を廃棄し、社員の手を

空けることはできないでしょうか?

 

⑤お金や時間など何も制限がないとしても

「人材採用」より他に手段がないか?

 

予新たなITシステムの導入や設備投資など、

予算や導入にかかる時間など諸般の事情で

「実行できていないこと」が、それらの

制限がなにもなくなって実行することが

できるとします。

それにより、効率化、省力化、省人化を

図ることができますが、それでもなお

人材採用が必要でしょうか?

 

以上、5つの質問を経て初めて

人材採用に着手することが重要です。

 

「人が辞めたから」

「現場からの要望だから」

「人を増やさないと業績はあがらない」

 

すべて思い込みです。

まず、本当にそうなのかどうか分析しましょう。

そのために、この5つの質問を役立ててください。