業績アップに直結する人材採用「4つの原則」 第三原則【実践と管理】Vol.5「ノンカスタマーに質問する」


会社の未来のために「人材採用」が

最も重要だと考えるすべての方へ。

 

人材採用=「会社の未来」を採用すること

 

そう考えるだけでなく行動に移すために

必須の「4つの原則」について連載します。

 

第三原則【実践と管理】

Vol.5「ノンカスタマーに質問する」

 

 

Vol.4では、多くの会社が、せっかく獲得した

採用候補者の多くをマズイ対応によって

「追い払っている」状態をなくす

ためのホスピタリティ、つまり

「おもてなし」について解説しました。

 

今回は、不運にも採用に至らなかった

候補者へのインタビューをオススメする

内容です。

 

ノンカスタマーのほうが多い

 

コンビニ業界で圧倒的な強さを

誇るのがセブン・イレブン。

そのシェアは40%を超えます。

 

どんな業界でも3割を超えるシェアを

握る企業が圧倒的に強い位置にいる

ことになるそうですので、40%とも

なれば、かなりの強さなのでしょう。

 

しかし、40%のシェアであっても、

半分以上の60%はセブンイレブンの

顧客ではない。つまり

「ノンカスタマーのほうが多い」。

 

なぜセブンイレブンを選んでいないのか?

という問いの答えをノンカスタマーから

得ることができれば、すでに顧客になって

いる人からのものとは違う意見が得られる。

きっと事業の発展に役に立つ。

 

採用活動にいたっては、明らかに

採用しなかった人のほうが多くなります。

 

応募段階から見れば、99%の人は

採用に至らないと言っていい。

 

その99%の人たちの話を聴くことは、

今後の採用活動にとって欠かせない、

なにものにも代えがたい貴重な意見を

得る機会ではないでしょうか?

 

しかし、多くの企業は「採用しなかった人」

には興味を抱かない。

 

せっかく縁があって、選考に参加してくれた人に

何も話を聴くことなく、

「貴殿の今後の活躍をお祈り」して済ませる。

 

実にもったいないとは思いませんか?

 

ノンカスタマーへの質問

 

採用にはいたらなかった人には、

下記のような質問をしましょう。

 

あなたの会社が行った採用活動について

どんな感想を抱いていたのか?

 

どんな点を評価し、どんな点を評価しなかったのか?

採用担当者の対応は適切だったか?

そうであるならどんな点が?

そうでないならどんな点が?

 

選考を辞退した人に対しては

「なぜ選考を辞退したのか?」

をしつこいくらいに質問します。

もしこの点に関して、あなたの会社が

気付いていない「改善点」が見つかれば

採用活動で成果をあげるために、

これほど有力な情報はありません。

 

採用しなかった人のなかにこそ、

改善点、イノベーションの機会が

あります。