業績アップに直結する人材採用「4つの原則」 第三原則【実践と管理】Vol.2「面接マニュアル」前編


会社の未来のために「人材採用」が

最も重要だと考えるすべての方へ。

 

人材採用=「会社の未来」を採用すること

 

そう考えるだけでなく行動に移すために

必須の「4つの原則」について連載します。

 

第三原則【実践と管理】

Vol.2「面接マニュアル」前編

 

VOL.1では採用活動を一定の品質に

保つためのマニュアル作りの重要性に

ついて書きました。

 

Vol.2以降では、より具体的に、

採用活動のそれぞれの段階で使える

マニュアルを作るためにの手順に

ついて書いていきます。

 

以下の質問に、順番に最後まで

お答えいただくプロセスを

クリアすれば、自然とマニュアルが

できるようになっています。

 

Vol.2は「面接マニュアル」です。

 

プロセスは三つだけ

 

①候補者に「これだけはぜひとも」

しておかなければならない質問を

3つ設定してください。

 

なぜその3つなのですか?

説明してください。

 

②あなたの会社の「企業文化」を

一言で表現してください。

 

過去に退職した社員が、退職理由として

企業文化が合わないことを挙げたことは

ありませんでしたか?

あるとすれば、それはどんなことでしたか?

 

あなたの会社では常識となっていることでも、

世間一般ではそうじゃないかもしれないと

考えられる、習慣や伝統のようなものは

ありませんか?

 

自社の企業文化についてどれだけ

候補者に説明していますか?

 

③その候補者と一緒に、あなたの

一番大事な人(自分の子供や恋人)を

働かせたいと思いますか?

 

思うのならそれはなぜ?

思わないのならそれはなぜ?

 

どんな点をチェックしてそれを

判断しましたか?

 

以上の3つのプロセスと、付随する質問に

対する答えをまとめれば、あなたの会社に

とっての最適な人材を判断するための

「面接マニュアル」になります。

 

後編では、その理由をそれぞれ

解説したいと思います。