採用基準は一流レストランの〇〇と同じ

その基準は正しい

あなたの会社は人在の採用基準を

しっかりと設定して、それを

守っていますか?

 

この採用基準、一流レストランの

ドレスコードのようにきっちりと

設定し、ブレることなく守っていく

必要があります。

 

一流レストランのドレスコードは

それに従わない限り、どんなお金持ち

でも入店することはできないほど

厳しいものです。

 

ジャケット着用が義務付けられていたり、

短パン、サンダルは言うに及ばす、

過度な露出はNGだったり。

 

では、ドレスコードはなんのために

存在するのでしょうか?

 

それは、

お店のレベルを維持するため

です。

 

お店が自信をもって提供する最高の

サービスに見合う、そのレストランに

とって「素晴らしいお客様」を

しっかりと定義している。

 

ドレスコードに従わない人は

お客様ではないので、従わない人に

「二度と来るかよこんな店!」と

悪態をつかれようと、お店にとっては

痛くもかゆくもない。

 

しっかりとした方針をもって、

お客様を選んでいるからです。

 

企業における採用基準は

レストランのように身なりや服装を

指定するのではないですが、

「二度と受けるかこんな会社!」

と言われようと、あなたの会社に

ふさわしくない候補者なら、

早々にお引き取り願っても

構わないはずです。

 

あなたの会社の価値を守るために

どんな人在が必要なのか?

 

をしっかりと考えて、

採用基準というドレスコードを

しっかりと定義して、

しっかりと守っていきましょう。