候補者からされた「つまらない質問」ベスト5  第2位「求める人物像は?」

求める人物像

この連載では、面接官として私が

実際に候補者からされた質問の中で

「そんな質問してどうするのかな?」

「意図がよくわからないな」と感じたもの

ベスト5を発表します。

 

第2位は

「求める人物像は?

です。

 

「求める人物像」は募集要項に

書いてありますが、それは理想像に

近いものになっています。

 

「どこの会社でもそんな人がいたら

すぐにでも欲しいよ!」

とツッコミを入れたくなるほどです。

 

もっと焦点を絞った質問を

 

この質問は漠然とし過ぎているのです。

仮に面接官の答えが、自分にはあまり

当てはまらないものだったら、どうする

のでしょうか?

 

そのことに落胆し、選考を辞退してしまう

のでしょうか?

 

絶対防衛線を探れ

 

面接官にとっては、採用する人に

「これだけは求めたい!」という

絶対防衛線ともいえる条件があります。

 

それがコミュニケーション能力や

身だしなみなのか。それとも

保有資格や仕事の実績なのか。

 

それを確かめるもっと具体的な質問を

すべきであって、「求める人物像は?」

という、どう答えてよいかわからない

質問をすると、どう判断してよいか

わからない答えしか返ってきません。

 

もし、面接官が重視する条件を聞き出し

たければ、逆に「こんな応募者は嫌だ」

という条件を3つ挙げてくれるよう

質問しましょう。

 

これなら具体的な質問ですし、挙がった

条件の反対が「重視する条件」です。

 

候補者側から質問する時間はあまり

ないことが多いし、勇気もいります。

少ない質問で最大の効果を上げられる

ようにしてほしいものです。