Category -  採用する側

成果を出す人を採用する「面接のやり方」 Vol.6「尋問しない」

面接という名の尋問をしてしまっている面接官は多い。
面接ではなく尋問になってしまう原因は、候補者の「過去のこと」についてばかり質問していることです。
あなたの会社で「これから」働くことになるかもしれないのですから、
「ミライ」のことについて質問しましょう。

実例!採用面接で「した質問」「された質問」 第9回 「これがなければ退職しなかったのに、という要因は?」

退職する理由は複数あるものです。
4回転職している私の経験からも、たった一つの
理由だけではありません。
しかし「決定打」と言える理由はあります。
それこそが、人の「ゆるぎない価値観」を表しています。

実例!採用面接で「した質問」「された質問」 第8回 「ウマが合わない人にどう対処しますか?」

どんな組織にいても「コミュニケーション能力」は求められます。
この能力が欠如した人を雇いたいと考える企業はありません。
しかし、そこは人間同士。
どうしても相性が良くない人が出てくるのも仕方のないこと。
そこをどう調整するかどうかが、真価を問われるところです。