求人でよく見る「たわごと」 Vol.9「履歴書不要」


この連載は

主に求人広告で見るフレーズで

「たわごと」と言えるものを

その理由とともに紹介します。

 

第9回

「履歴書不要」

 

応募のしやすさ?

 

せっかく求人を出したのだから、

1人でも応募数が多いほうが

いいと考えるのは自然なことです。

 

人手不足のこのご時世、応募が

0件なんてことも十分ありえます。

採用担当者としては、悪夢以外の

なにものでもないですね。

 

なんとか応募してもらおうと、

できるだけ応募しやすいように

「応募障壁を下げたい」と

考えるのも無理ありません。

 

結局採用できない

 

しかし、応募障壁を下げようと

「履歴書不要」にすると、採用の

成功は遠のきます。

 

とにかく応募してほしい。

一度話を聴いてほしい。

という気持ちはわかります。

 

しかし、応募する際に最低限の

障壁は設けておかないと、求人の

価値が下がります。

 

応募するために何も犠牲に

する必要がない、つまりは

「誰でもリスクもなく簡単に」

手に入るものに、価値を感じる人が

いるでしょうか?

 

街を歩いていてタダでもらえる

ポケットティッシュに価値を

感じますか?

 

履歴書不要にすると、

履歴書出さなきゃいけないなら

応募しないけど、いらないなら

応募してやってもいいかな?

ぐらいの気持ちの人ばかりが

集まるとは思いませんか?

 

 

ただでもらえるポケットティッシュに

価値を感じる人は、それが必要な

緊急事態になっている人、すなわち

「もよおしててトイレに行きたい人」

「鼻水が出て仕方がない人」だけです。

 

そんな状態を外部から起こすことは

ほぼ不可能なのと同じで、

会社説明を聞いたことでやる気になって、

「本当の応募者」になる人がそれほど

いるとは思えません。

 

求人は採用成功することが目的です。

応募をできるだけ集めることは

二の次三の次のことだということを

忘れないでください。