求人でよく見る「たわごと」 Vol.10「安定した基盤、職場環境」


この連載は

主に求人広告で見るフレーズで

「たわごと」と言えるものを

その理由とともに紹介します。

 

第10回

「安定した基盤、職場環境」

 

公務員でも安定していない

 

求人でこのフレーズを見かけるとき

必ずと言っていいほど、次に来るのは

 

「確かな技術力」

「確かな顧客基盤

(取引先に大企業が多数)」

「無借金経営」

 

などが代表例でしょう。

 

これらはすなわち、

業績悪化や倒産といったことで

あなたが職を失うリスクは

少ないですよ、というアピールに

なることなんですね。

 

業績悪化や倒産という概念がない

公務員でも、国自体が滅びる

ところまでいかなくても、

存続すらあやうい自治体は

いくらでもあります。

 

変化こそが安定をもたらす

 

ニュースや新聞を毎日見ていれば、

変化のスピードがどんどん早く、

そして急激になっていっている

ことがよくわかるはずです。

 

シャープ、東芝、タカタの例を

出すまでもなく、安定して収益を

あげるどころか、存在し続けること

だけでも難しい時代なのです。

 

トヨタですら、変化を続けて

いかないと勝ち残れないという

危機感を抱き、AIや自動運転技術で

世界のライバルとしのぎを削っています。

5年後ですら、トヨタという会社が存在

しているかどうかも確かではないでしょう。

少なくとも、今と同じような自動車会社と

してではないはずです。

 

このご時世に「安定」という言葉を

持ち出すこと自体、どうかしている

と言わざるを得ません。

 

そして、そんな「安定」という言葉に

惹かれ、周囲が変化しようともその場に

ただ突っ立っているだけの人材を欲する

企業もどうかしています。