採用活動のABC Vol.52「Y-generation」


この連載では、採用活動に関して

重視すべき方針や考え方についての

キーワードを、「いろは」ならぬ

「ABC」に絡めて取り上げ、

解説していきます。

 

第52回

「Y-generation」

です。

 

ジェネレーションYとは、

アメリカ合衆国において

1980年代から1990年代に

生まれた世代のことです。

 

日本で言うところの

「就職氷河期世代」と

重なる世代です。

団塊ジュニア世代とも

一部重なります。

 

社会に出る時に不景気

だったため、思うように

正社員の職に就くことが

できず、非正規雇用によって

社会人生活をスタート

せざるを得なかった

世代です。

 

収入が低く、結婚して

いない人も多い。

子どもを作ることも

出来ていない。

 

そのため、

団塊~団塊ジュニアの世代へ

受け継がれてきた

「人口のボリュームゾーン」

を、次の世代へつなげる

ことができませんでした。

 

それが少子高齢化に一層

拍車をかける原因の一つに

なっています。

 

そのうえ、この世代から

いわゆる「ニート」と

呼ばれる人たちが増加

を始めました。

 

ニートや非正規雇用に

陥っている就職氷河期世代も、

もはや40代に入る人も

多くなっている。

 

ニートの人は社会に出て

働くこと、非正規の人は

正社員になる機会が、

もう間もなく閉ざされ始める

年齢になってしまっています。

 

人手不足がこれだけ叫ばれている

時代ですから、40代のニート、

非正規雇用者に手を差し伸べる

最後の機会かもしれません。

 

これを逃せば、もう次はありません。