組織内研修としての「読書会」 Vol.18「自分にとって大切なものがわかる」


「人の話を聴く」ーー

たとえ直感的には

「受け入れられない」

考えでも、それこそが自分の

「価値観」を知るいい機会になる。

 

自分にとって大切なもの

 

読書会では、ダイアログが中心に

なって進んでいきます。

 

自分が話すことはもちろん、

他の参加者が話すことを聴く

ことによって、自分一人では

得ることができなかった

「気付き」にたどり着く。

それが読書会の醍醐味です。

 

それだけではありません。

 

自分でも気づいていなかった

自分のこだわりや価値観など、

「大切なもの」に気づくことも

できるのです。

 

読書会では、人の意見を否定したり

批判するような発言はしないのが

ルールです。

 

しかし、口には出さなくとも、

「否定したい」「批判したい」

意見が出ることもあります。

 

それこそ、あなたが大切にしたい

こだわり、価値観に反する意見

ではないでしょうか。

 

それをいったんは静かに

受け止め、咀嚼する機会が

読書会です。

 

そのあと、ぶつかるこだわり、

価値観をどうするか。

それはあなた次第です。

 

その答えを見つけるために

行動することも、読書会に

よってできるようになります。

 

それが、読書会の最後に決める

ちょっとした行動

「Baby Step」です。