Category -  人生100年時代の採用

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.10「フィードバックする」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.10「フィードバックする」

不採用になった理由を開示する必要はないが、開示しなければ求職者にとっては、応募したことで得るものは何もなくなります。

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.7「現場ファーストである」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.7「現場ファーストである」

働く人すべてにとって「自分の隣にだれが座るのか」つまり、誰と一緒に働くことになるのかは
重要な関心ごとであり、大きな利害。

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.6「採用担当者が数字を持たない」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.6「採用担当者が数字を持たない」

採用担当者が「採用数」という数字にプレッシャーをかけられ、本来なら採用するレベルではない人を採用したら。
そのことを見抜き、早々に見切りをつけ、真っ先に辞めていくのは優秀な人材だ。

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.4「副業を受け入れる」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.4「副業を受け入れる」

副業をする人を受け入れるかどうかを考える時期は過ぎました。
もはや、副業を認めている、受け入れていることが採用力向上の前提にさえなっている。

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.2「退職を前提にする」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.2「退職を前提にする」

もはや安定とは、一つの職場、一つの仕事をずっと続けていくことではない。まるで回遊魚のように、いくつもの会社や業界、仕事を渡り歩いていく知識とスキルを
身につけていること。

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.1「学びを後押しする」

人生100年時代に「採用力が高い」会社とは Vol.1「学びを後押しする」

人生100年時代は、いくつも会社や仕事を変えながら働いていくことが求められる。そのために学び続ける人を後押しできる企業が、採用力を高めることになる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 57