採用活動のABC Vol.2「A-level」


この連載では、採用活動に関して

重視すべき方針や考え方についての

キーワードを、「いろは」ならぬ

「ABC」に絡めて取り上げ、

解説していきます。

 

第2回

「A-level」

です。

 

採用に妥協なし

 

採用市場は空前の超売り手市場

になっている2017年。

 

連日のように「人材難」「人手不足」の文字が

新聞やニュースサイトで見られます。

 

こうなってくると質には目をつぶり、とにかく

人手を確保することが先決だという考えに

至ることも仕方がないと思います。

 

あくまでも「人手」である限りは、

という条件付きで、です。

「人材」質を求めないで

採用することはやってはいけません。

 

あくまでも妥協せず「A-level」の

優秀な人材が現れるまで、

歯を食いしばってでもその方針を貫き、

採用しないことが必要です。

 

「人手」と「人材」

 

では「人手」と「人材」は何が

違うのでしょうか?

 

人手とは、例えば災害が起こり、

一刻も早くガレキや土砂をどけて、

支援物資を運ぶための道を確保

しなければならない時に、

必要になるのが「人手」です。

 

より上手く迅速にガレキや土砂を運べる

スキルを持っているのが「人材」ですが、

それを待ってはいられません。

 

緊急の場をしのぐために、

質ではなく数が必要になるのが

「人手」です。

 

それよりも長いスパンで必要になり、

質が重視されるのが「人材」です。

 

超売り手市場だからといって、

人材を人手のように考えて

質を求めずに採用することだけは

避けましょう。

 

一度でもその掟を破ったら、二度と

元には戻れません。