採用活動のABC Vol.12「High-Demand」


この連載では、採用活動に関して

重視すべき方針や考え方についての

キーワードを、「いろは」ならぬ

「ABC」に絡めて取り上げ、

解説していきます。

 

第12回

「High-Demand」

です。

 

採用には時間もお金もかかる

 

優秀で圧倒的な成果を出す

「ハイパフォーマー(High-Performer)」は、

極めて需要が高い

「ハイデマンド(High-Demand」

でもあります。

 

いわゆる「引っ張りだこ」だと

いうことです。

そして、たいていの場合、すでに

他の企業や組織で活躍しています。

 

そんな人材を採用するのに時間もお金も

かけないで何とかしようというのは、

どうかしています。

 

人気のあるバンドのライブチケットや、

ブランドバックには需要があるからこそ

高い価値がついているのです。

 

人材も同じ。

採用に時間もお金もかけなければ、

それなりの人材しか採用できないのは

当たり前です。

 

時には奇跡が起こって、優秀な人材が

採用できてしまうこともあるし、

そんな話を聴くこともあるでしょう。

 

奇跡を願うのがまずいのは、

めったに起きないからではない。

あてにできないからなのです。